新メニュー

【新メニュー】ビステッカ アッラ フィオレンティーナ

お待たせいたしました!ついに、ビステッカ アッラ フィオレンティーナ(Tボーンステーキ)の登場です。

Tボーンステーキというように、ステーキに付随する骨はアルファベットのTの形をしていて、その両側に肉があります。片方はフィレ肉(テンダーロイン)、もう片方はサーロインです。

背肉、腰肉にかけてのあばら骨の外側の肉をロース(ロイン)と呼びますが、牛の場合はサーロインといいます。(英国の王がその美味しさに、サー(Sir)の称号を授けたという)

そして、そのあばら骨の内側でおおわれてあるのが牛フィレ肉です。牛フィレ肉のことを英語で(テンダーロイン)と言います。テンダーとは柔らかいとか優しいの意味でまさに柔らかいロインです。この肉は筋肉の活動をほぼしていないため柔らかいのだそうです。

この両方を一度に楽しめるのがTボーンステーキ最大の魅力です。

当店では、シンプルに塩と胡椒、フォンドボーのソースをご一緒にご用意いたします。豪快に牛肉の旨味をお楽しみください。

合わせるワインはフィレンツェがあるトスカーナ州を代表するワインの女王”ブルネッロ ディ モンタルチーノ”がおすすめです。